電気工学コース

研究室紹介「匹田研究室」

環境低負荷型の電力インフラシステム構築を目的として,センサー技術とITの融合によるエネルギー機器の高機能化,電力機器・ケーブルの絶縁診断・モニタリングおよび次世代エネルギー機器・デバイス開発について研究を行っています。

環境調和型次世代変電機器開発に向けて,ガス絶縁開閉機器のモデルタンク(154kV)を使用して微小異常現象(部分放電)により誘起される電磁波をアンテナにて測定

C3F8/CO2混合ガス中での部分放電電流パルス(下),ストリーク写真(上)と発光像(右)

研究テーマ エネルギー機器のインテリジェント化
所属職員 匹田 政幸 (教授), 今給黎 明大 (助教)
キーワード 電力インフラシステムの高機能化,エネルギー機器のインテリジェント化,環境低負荷型の次世代エネルギー機器開発,電力設備のプリアクィブメインテナンス,高電圧・絶縁技術
URL http://www.epsilon.ele.kyutech.ac.jp/main.html

←一覧に戻る