電気工学コース

研究室紹介「松本研究室」

地球温暖化の抑制に向けて,電気エネルギーの有効利用技術に対する関心が高まっている。電気エネルギーの有効利用技術に対して,電源が中心的役割を果たしている。当研究室では,他研究機関や企業と協力して,電源やパワーICを用いて太陽電池や燃料電池などのクリーンエネルギー源から高効率にエネルギーを取り出す技術,電源やパワーICを用いてエネルギーを拾い集める技術(エネルギーハーベスティング),キー部品としてのパワーICやパワーICを用いた電源の小型化・高機能化技術を研究する。

研究テーマ クリーンエネルギー自立電源
所属職員 松本 聡 (教授)
キーワード パワー集積回路,エネルギーハーベスティング,環境調和型エレクトロニクス
URL  

←一覧に戻る