電子工学コース

研究室紹介「水波研究室」

大容量の情報伝送を担う光ファイバ通信では,波長多重などの高度な技術が用いられます。光ファイバグレーティングは多重化された光信号の波長分離素子,波長安定化素子,分散補償素子,また光ファイバセンサ等として期待され,これを製作しその応用を研究しています。また,超高速の光信号を発生できるフェムト秒光ファイバレーザや,光ファイバにポーリング処理を施し非線形光学特性を誘起して波長変換素子とする等の研究を行っています。

光ファイバグレーティングの製作装置
(右はエキシマレーザ)

光ファイバによる波長変換の
実験風景

研究テーマ 光ファイバ通信デバイスと光ファイバレーザ
所属職員 水波 徹 (教授)
キーワード 光ファイバ通信,光ファイバデバイス,光ファイバグレーティングエキシマレーザ,固体レーザ,光ファイバレーザ,超高速光パルス,非線形光学
URL  

←一覧に戻る